虫歯を放置すると

インプラントでリスク回避

虫歯の放置をインプラントで治療

歯磨きをきちんとしていても虫歯になることがあります。虫歯にはいくつかの原因が重なって起こるものなのですが、そのまま放置しておくと歯を抜いてしまわなければなりません。もし歯を抜いてしまった場合はインプラントか入れ歯といった治療方法になります。気をつけたいのは一度治療すると入れ歯では周りの歯に固定して取り付ける事になり、それらの歯を弱めてしまう可能性も高くなってしまうのです。しかしインプラントの場合はその歯だけを治療する事になり、それも歯根という骨の部分に埋め込んで治療するために発生するリスクは低くすることができるのです。

虫歯とインプラント治療

近年インプラントの需要が増えてきています。治療目的で歯科を訪れ、事前に検査を行ったときに虫歯や歯周病があるとその治療を優先します。特に治療中は口腔内を清潔に保つ必要があります。インプラトはきちんとケアすれば半永久的に使用できるものですが、歯肉の付き具合は自分の歯よりは弱くなっています。その部分は細菌が侵入しやすく、インプラント歯周炎を起こしやすくなるからです。これは最も避けたいことの一つです。もう一つ、虫歯で歯を失った場合ですが、基本的には可能です。しかし、その進行の度合いにより歯根の周囲が化膿して骨を溶かしていることもあり、その場合は骨移植が必要となります。

↑PAGE TOP