インプラントがいい

インプラントがいい理由とは

神経を抜くならインプラント

虫歯になると神経を抜くことがあります。抜くことをおすすめしない理由として、非常に大切な役割をしています。抜くという選択をするのであれば、インプラントにすることをおすすめします。神経は虫歯になったことを教えてくれます。しみたりすることで悪化を防ぐことが出来ます。そして抜くことにより歯が弱くなったしまい、固いものを食べ時に欠けたり割れたりすることがあります。状況にもよりますが歯を残しておくより、インプラントに変えてしまうことで全てを失うことを避けてくれます。歯科医師と相談のうえ、慎重に判断をすることをおすすめします。

インプラントと虫歯治療

インプラント治療は、虫歯などで抜歯を行った場合には、ある程度の期間をあけてから治療を行います。抜歯をして傷口がある程度回復した4~16週後に手術を始めることが一般的になっていて、傷口の状態をしっかりと確認する必要があります。インプラント治療は、残しておく歯の治療を事前に行ってから治療を行うことが一般的です。手術と同時に治療を行う場合もありますが、きちんと治療を行ってから手術を進めていくため、健康な状態で治療を進めていきます。初期の症状でも治療をしっかりと行う必要があるため、普段のブラッシングを怠らないようにする必要があります。

↑PAGE TOP